米国で武器になる ブルージェイズ山口俊の「大食い」体質

公開日: 更新日:

 むしろ、頼もしい「長所」ではないか。

 ブルージェイズに2年約7億円で入団した前巨人山口俊(32)。背番号は「1」に決まり、米国での快投が期待される。

 そんな山口について、「太りやすい体質。体重が問題」という声がある。188センチ、98キロの体躯で、中年男性のビール腹のごとくお腹がぽっこり出ている時期もあった。

 力士だった父親譲りなのか、大食いも事実。今年の自主トレに同行した巨人の戸郷は山口の「食トレ」に悲鳴。昼食に500グラムのステーキを振る舞われ、「(普段の)何倍も食べなきゃいけない」と、完食するのがやっとという有様だった。その横で山口はペロリとステーキを平らげていたのだから、なるほど、「食べ過ぎ注意!」と懸念されるのも不思議ではない。

 しかし、それでもメジャーでやっていくのであれば、食が細いよりははるかにマシだ。巨人やレッドソックスでリリーフとして活躍した岡島秀樹氏は、2018年1月に日刊ゲンダイが連載した「大谷に教えるメジャーリーグの掟」の中で、こうこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る