サイン盗みでGM・監督解任でもアストロズが手ごわいワケ

公開日: 更新日:

 二刀流に復帰するエンゼルス・大谷翔平(25)にとって、サイン盗みでケチをつけた同地区のライバルは今季も手ごわい相手となりそうだ。

 米大リーグ機構は13日(日本時間14日)、アストロズのルノーGM、ヒンチ監督に今季終了までの職務停止処分を科し、球団には最高額500万ドル(約5億5000万円)の罰金の他、今年と来年のドラフト1、2巡目指名権を剥奪した。アストロズは即日、GM、監督の2人を解任し、代行監督として昨季までベンチコーチを務めていたジョー・エスパーダ氏(44)が就任した。

 過去3年で2回ワールドシリーズに進出しているアストロズは投打に一流選手が揃い、若手の逸材も豊富。不正行為のリスクを負わなくても、相手と互角以上に戦える戦力を有していた。

 このオフは昨季20勝(5敗)右腕のコール(現ヤンキース)、同14勝(6敗)左腕マイリー(現レッズ)の2人がFA移籍したとはいえ、サイ・ヤング賞受賞経験のあるバーランダー(同21勝6敗)、グリンキー(同18勝5敗)は健在。野手の顔ぶれもほとんど変わらないだけに、今季も優勝を狙える戦力が揃う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る