巨人の新助っ人 頼みはパーラより韓国球界から移籍の右腕

公開日: 更新日:

 話題性や知名度なら断然、メジャーリーガーだろう。

 29日、巨人の新外国人3人が都内ホテルで会見、最も脚光を浴びたのは昨季のワールドシリーズを制した元ナショナルズの外野手、ジェラルド・パーラ(32)だった。

 ナショナルズファンはパーラの登場曲「ベビー・シャーク」が流れると、両手を上下に閉じたり開いたりするポーズをとる。写真撮影では本人だけでなく、投手のチアゴ・ビエイラ(27=ホワイトソックス)やエンジェル・サンチェス(30=韓国SK)、原監督まで笑顔でこの「シャークダンス」を披露した。

 メジャー通算88本塁打の実績があるものの、昨季はもっぱら代打や守備固め要員。ワールドシリーズは3タコ2三振だった。すでに46億円超を稼いでお腹いっぱい、盛りの過ぎた選手というのが周囲の評価だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る