巨人の新助っ人 頼みはパーラより韓国球界から移籍の右腕

公開日: 更新日:

 話題性や知名度なら断然、メジャーリーガーだろう。

 29日、巨人の新外国人3人が都内ホテルで会見、最も脚光を浴びたのは昨季のワールドシリーズを制した元ナショナルズの外野手、ジェラルド・パーラ(32)だった。

 ナショナルズファンはパーラの登場曲「ベビー・シャーク」が流れると、両手を上下に閉じたり開いたりするポーズをとる。写真撮影では本人だけでなく、投手のチアゴ・ビエイラ(27=ホワイトソックス)やエンジェル・サンチェス(30=韓国SK)、原監督まで笑顔でこの「シャークダンス」を披露した。

 メジャー通算88本塁打の実績があるものの、昨季はもっぱら代打や守備固め要員。ワールドシリーズは3タコ2三振だった。すでに46億円超を稼いでお腹いっぱい、盛りの過ぎた選手というのが周囲の評価だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る