巨人の新助っ人 頼みはパーラより韓国球界から移籍の右腕

公開日: 更新日:

 話題性や知名度なら断然、メジャーリーガーだろう。

 29日、巨人の新外国人3人が都内ホテルで会見、最も脚光を浴びたのは昨季のワールドシリーズを制した元ナショナルズの外野手、ジェラルド・パーラ(32)だった。

 ナショナルズファンはパーラの登場曲「ベビー・シャーク」が流れると、両手を上下に閉じたり開いたりするポーズをとる。写真撮影では本人だけでなく、投手のチアゴ・ビエイラ(27=ホワイトソックス)やエンジェル・サンチェス(30=韓国SK)、原監督まで笑顔でこの「シャークダンス」を披露した。

 メジャー通算88本塁打の実績があるものの、昨季はもっぱら代打や守備固め要員。ワールドシリーズは3タコ2三振だった。すでに46億円超を稼いでお腹いっぱい、盛りの過ぎた選手というのが周囲の評価だった。

 原監督は「希望はクリーンアップ」と言ったが、あくまでも「希望」か。

 首脳陣の期待は右腕サンチェスの方だろう。昨季15勝4敗で貯金11、ただひとり規定投球回数に達した山口がブルージェイズに移籍。何よりも先発の補強が急務だったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に