先発再転向の楽天松井 東京五輪選出のカギは「両刀遣い」

公開日: 更新日:

 うまくハマるのか。

 26日、楽天松井裕樹(24)が楽天生命パーク宮城で自主トレを公開。昨季、38セーブで最多セーブのタイトルを獲得したリリーバーは今季、先発に再転向する。

 この日、東京五輪出場に意欲を示した松井は、先発で結果を残すことで、メンバー入りをアピールするつもりだ。

 とはいえ、東京五輪出場枠を巡っては、熾烈な争いが繰り広げられる。登録人数は昨年のプレミア12の28人から4人減の24人。ただでさえ少ない上に、松井はプレミア12でリリーフとして代表入りを果たしながら、左肘の違和感を理由に出場を辞退した。

 すると、本大会では代役として選出された甲斐野(ソフトバンク)らリリーフ陣の活躍もあり、日本は世界一を達成。代表関係者は言う。


「リリーフの起用法は歴代の監督が最も頭を悩ませてきたところ。稲葉監督にとって、勝ちパターンが構築できたことは非常に大きい。プレミア12は五輪の前哨戦としての位置づけで、五輪メンバー入りはプレミア12の経験者が有利とみられるだけに、リリーフ枠ではこの甲斐野と山本(オリックス)、山崎(DeNA)の3人が揃って選ばれる可能性は高い。松井もウカウカしていられません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る