先発再転向の楽天松井 東京五輪選出のカギは「両刀遣い」

公開日: 更新日:

 うまくハマるのか。

 26日、楽天松井裕樹(24)が楽天生命パーク宮城で自主トレを公開。昨季、38セーブで最多セーブのタイトルを獲得したリリーバーは今季、先発に再転向する。

 この日、東京五輪出場に意欲を示した松井は、先発で結果を残すことで、メンバー入りをアピールするつもりだ。

 とはいえ、東京五輪出場枠を巡っては、熾烈な争いが繰り広げられる。登録人数は昨年のプレミア12の28人から4人減の24人。ただでさえ少ない上に、松井はプレミア12でリリーフとして代表入りを果たしながら、左肘の違和感を理由に出場を辞退した。

 すると、本大会では代役として選出された甲斐野(ソフトバンク)らリリーフ陣の活躍もあり、日本は世界一を達成。代表関係者は言う。


「リリーフの起用法は歴代の監督が最も頭を悩ませてきたところ。稲葉監督にとって、勝ちパターンが構築できたことは非常に大きい。プレミア12は五輪の前哨戦としての位置づけで、五輪メンバー入りはプレミア12の経験者が有利とみられるだけに、リリーフ枠ではこの甲斐野と山本(オリックス)、山崎(DeNA)の3人が揃って選ばれる可能性は高い。松井もウカウカしていられません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る