先発再転向の楽天松井 東京五輪選出のカギは「両刀遣い」

公開日: 更新日:

 うまくハマるのか。

 26日、楽天松井裕樹(24)が楽天生命パーク宮城で自主トレを公開。昨季、38セーブで最多セーブのタイトルを獲得したリリーバーは今季、先発に再転向する。

 この日、東京五輪出場に意欲を示した松井は、先発で結果を残すことで、メンバー入りをアピールするつもりだ。

 とはいえ、東京五輪出場枠を巡っては、熾烈な争いが繰り広げられる。登録人数は昨年のプレミア12の28人から4人減の24人。ただでさえ少ない上に、松井はプレミア12でリリーフとして代表入りを果たしながら、左肘の違和感を理由に出場を辞退した。

 すると、本大会では代役として選出された甲斐野(ソフトバンク)らリリーフ陣の活躍もあり、日本は世界一を達成。代表関係者は言う。

「リリーフの起用法は歴代の監督が最も頭を悩ませてきたところ。稲葉監督にとって、勝ちパターンが構築できたことは非常に大きい。プレミア12は五輪の前哨戦としての位置づけで、五輪メンバー入りはプレミア12の経験者が有利とみられるだけに、リリーフ枠ではこの甲斐野と山本(オリックス)、山崎(DeNA)の3人が揃って選ばれる可能性は高い。松井もウカウカしていられません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍