中日・根尾は2年目で崖っぷち 一軍定着には打撃の成長急務

公開日: 更新日:

 捲土重来を果たせるか。

 2年目となる今季、一軍定着への期待がかかる中日根尾昂(19)が、野球漬けのオフを送っている。

 昨秋のキャンプを皮切りに、台湾でのウインターリーグ、先輩・平田との米ロス自主トレを経て、先日はイチローも師事したトレーニング研究施設・ワールドウィング(鳥取)で練習を積んだ。

 その根尾は今季、外野に挑戦する。プロ入り時から持ち続けている遊撃へのこだわりはあるが、レギュラーである京田の壁は分厚く、与田監督も本人も、外野をやることで一軍での出場機会を増やすことが狙いだ。

 しかし、外野をやったからといって、一軍定着できるとも限らない。

「外野とて、順調にいけば大島、平田、福田の3人でレギュラーは固定される。誰かがケガをしたときなど、不慮の事態に割って入れるかどうかだろう。何より根尾の課題は、ポジションうんぬんより打撃です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る