中日・根尾は2年目で崖っぷち 一軍定着には打撃の成長急務

公開日: 更新日:

 捲土重来を果たせるか。

 2年目となる今季、一軍定着への期待がかかる中日根尾昂(19)が、野球漬けのオフを送っている。

 昨秋のキャンプを皮切りに、台湾でのウインターリーグ、先輩・平田との米ロス自主トレを経て、先日はイチローも師事したトレーニング研究施設・ワールドウィング(鳥取)で練習を積んだ。

 その根尾は今季、外野に挑戦する。プロ入り時から持ち続けている遊撃へのこだわりはあるが、レギュラーである京田の壁は分厚く、与田監督も本人も、外野をやることで一軍での出場機会を増やすことが狙いだ。

 しかし、外野をやったからといって、一軍定着できるとも限らない。

「外野とて、順調にいけば大島、平田、福田の3人でレギュラーは固定される。誰かがケガをしたときなど、不慮の事態に割って入れるかどうかだろう。何より根尾の課題は、ポジションうんぬんより打撃です」

 とは、中日OB。

「昨季は二軍で打率・210、2本塁打にとどまった。このオフ、バットの構え方など、打撃フォームを試行錯誤しているものの、しっかり捉えた打球が少なく、非力感も否めない。大阪桐蔭時代は投手、野手の複数ポジションを任されていたから、守備面でもまだまだ発展途上。打撃をカバーできるほどでもない。つまり、ある程度は打てないことには、一軍での出場機会は限られる。まして、今季は与田監督が就任2年目を迎え、昨季の5位Bクラスからの脱出が絶対条件。勝負の年になる。昨年のヤクルト村上宗隆のように、開幕から根尾を根気強く起用し続ける雰囲気はありませんから」

 外野挑戦は決してマイナスにはならないにせよ、まもなく始まるキャンプで打撃の成長をアピールしなければ、今季も二軍暮らしが続きかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍