鷹監督候補・城島氏をソノ気にさせるキャンプ地フィーバー

公開日: 更新日:

 2009年のフィーバーは、今も球団関係者の間で語り草になっている。

 28日のスタッフ会議に出席した、城島健司会長付特別アドバイザー(43)。宮崎市で行う2月1日からのキャンプにも同行することになったが、11年前のそのキャンプがすごかった。

「マリナーズ移籍4年目を迎えた年です。約3週間後に控えた第2回WBCに出場するため、宮崎で行われる日本代表合宿に先立って、ソフトバンクのキャンプに2日間だけ参加した。日曜日の最終日に集まった観客がなんと3万3000人。あの年のそれまでの観客は1日平均9000人。最初の10日間の動員が対前年比で5万2000人も減って頭を抱えていた球団関係者が狂喜乱舞したものです。その城島が15年ぶりにチームに復帰して、フロントの一員として王会長とともにグラウンドに立つ。今でも九州では絶大な人気を誇る。今から楽しみですよ」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る