鷹監督候補・城島氏をソノ気にさせるキャンプ地フィーバー

公開日: 更新日:

 2009年のフィーバーは、今も球団関係者の間で語り草になっている。

 28日のスタッフ会議に出席した、城島健司会長付特別アドバイザー(43)。宮崎市で行う2月1日からのキャンプにも同行することになったが、11年前のそのキャンプがすごかった。

「マリナーズ移籍4年目を迎えた年です。約3週間後に控えた第2回WBCに出場するため、宮崎で行われる日本代表合宿に先立って、ソフトバンクのキャンプに2日間だけ参加した。日曜日の最終日に集まった観客がなんと3万3000人。あの年のそれまでの観客は1日平均9000人。最初の10日間の動員が対前年比で5万2000人も減って頭を抱えていた球団関係者が狂喜乱舞したものです。その城島が15年ぶりにチームに復帰して、フロントの一員として王会長とともにグラウンドに立つ。今でも九州では絶大な人気を誇る。今から楽しみですよ」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る