内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

野村監督の部屋の黒板には二軍選手の成績や内容がギッシリ

公開日: 更新日:

 広島の2016年からのセ・リーグ3連覇は、丸佳浩(現巨人)、菊池涼介田中広輔鈴木誠也といった生え抜きの主力がチームを牽引した。監督は緒方孝市だが、若かった彼らを二軍から一軍に引き上げ、我慢強く起用した野村謙二郎元監督の功績でもある。

 二軍の監督やコーチがいくら「この選手はいいですよ」と推薦したところで、一軍の試合に出て揉まれなければ選手は伸びないからだ。

 当時、二軍の指導者だった私が野村監督の監督室を訪れると、一軍のレギュラー陣だけでなく、二軍選手のその日の成績や内容が黒板にギッシリ書かれていて驚いたことがある。野村監督は全ての選手の好不調をこれで把握していた。目先の勝敗にとらわれがちな一軍の監督には、なかなかできないことである。

 野村監督は正二塁手に抜擢した菊池に目をかけていた。中央球界では無名の中京学院大出身。それでも、担当の松本有史スカウトが何度も足を運び、11年のドラフト2位で獲得。入団時、私は二軍監督だった。前評判はいいものの、果たして岐阜のリーグのレベルはどうなのか。最初は疑心暗鬼だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る