広島につきまとう5番問題 4番誠也がチーム1号弾もその後が

公開日: 更新日:

 広島は14日、ロッテと今季初の対外試合を行い、4番の鈴木誠也(25)が唐川からバックスクリーン左横へソロ本塁打を放った。

 初の実戦形式だった5日のシート打撃でも、右中間スタンドへ一発。視察中の他球団スコアラーは、タメ息を漏らすしかない。

「完全に何かをつかんだというか、突き抜けた。しかもセンターから逆方向へブチ込んでくる。どこへ投げても打たれる感じ。三冠王を取っても驚かない」

 4番は早くも無双状態。広島の問題はその後の5番である。この日は長野が入ったものの、2打数無安打。昨季は松山、西川らが鈴木の「後打順」を務めたが、大将が孤立する場面が目立った。当然、他球団は「誠也と勝負しなければいいんです。後ろの打者が2割台なら、はっきり言って誠也は全打席敬遠でもいい。それくらい1人だけ突出しています」と明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る