広島につきまとう5番問題 4番誠也がチーム1号弾もその後が

公開日: 更新日:

 広島は14日、ロッテと今季初の対外試合を行い、4番の鈴木誠也(25)が唐川からバックスクリーン左横へソロ本塁打を放った。

 初の実戦形式だった5日のシート打撃でも、右中間スタンドへ一発。視察中の他球団スコアラーは、タメ息を漏らすしかない。

「完全に何かをつかんだというか、突き抜けた。しかもセンターから逆方向へブチ込んでくる。どこへ投げても打たれる感じ。三冠王を取っても驚かない」

 4番は早くも無双状態。広島の問題はその後の5番である。この日は長野が入ったものの、2打数無安打。昨季は松山、西川らが鈴木の「後打順」を務めたが、大将が孤立する場面が目立った。当然、他球団は「誠也と勝負しなければいいんです。後ろの打者が2割台なら、はっきり言って誠也は全打席敬遠でもいい。それくらい1人だけ突出しています」と明かす。

「昨年は巨人が主に2番・坂本、3番・丸の打順で、坂本が40本塁打をマークするなど打ちまくったでしょう。後ろに好打者の丸がいることで、四球で歩かせたくない投手は、坂本と勝負しなければいけないと焦る。結果として、勝負球が甘くなるという相乗効果が大きかった。誠也にもそんな相棒が必要です」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路