内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

ミスして悔し涙を流しても…打撃時の誠也に“殺気”を感じた

公開日: 更新日:

 球界一といわれる鉄砲肩は鈴木誠也の魅力である。

 打撃に影響しては困るため新人の時に挑戦した遊撃は断念。2年目には外野が主になった。そんな頃、誠也の右翼からのバックホームの送球を見て、私は度肝を抜かれた。

 低い球が一、二塁間から少し本塁寄りのところでワンバウンド。それがそのまま捕手のミットに吸い込まれた。普通、その辺りでバウンドすれば、肩が強い選手でも2バウンドか3バウンド。並の選手の送球ならゴロになってしまう。それが、誠也の球は回転数が多いため、バウンドしてから伸びるのだ。内野手の頭の高さのまま、ダイレクトで到達することもある。まさに「レーザービーム」。誠也は外野の守備でもファンを魅了できる。その代わり、とんでもない暴投も多かった。

 試合に出始めた頃は、ミスが多く、悔し涙を流す姿をよく見た。そんな負けん気の強さが武器でもある。コーチにアドバイスをされると、にらみ返すような強い目力で話を聞いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る