広島・鈴木誠也を直撃「新婚でシーズンに臨む心境は?」

公開日: 更新日:

 さらに、スケールアップした印象だ。広島侍ジャパンでも4番として期待される鈴木誠也外野手。第1クール最終日となった5日の今キャンプ初のシート打撃では4打数3安打。3打席目に高橋樹から右中間へ一発を放つなど、その存在感はケタ違いである。

 昨年8月に新体操元日本代表のタレント・畠山愛理(25)と結婚。新婚でシーズンを迎える主砲を直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 ――今季初の実戦形式で一発を含む3安打。仕上がりは早そうだ。

「まだ寒いので、投手が仕上がってないんです。真っすぐを多く投げてくると分かっている。逆に仕留めきれないところもあったので、僕の中ではちょっとヤバイんじゃないかという感じ。変化球は打席に立っていかないと目が慣れない部分はあるけど、真っすぐはずっと打っています。自分のスイングができているのは、いいことだと思いますけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る