巨人・丸が初実戦2安打の貫禄 S班でも見せた“決定的違い”

公開日: 更新日:

 巨人丸佳浩(30)が宮崎1次キャンプ最終日の13日、紅白戦に「3番・中堅」で出場。いきなり2安打を放ち、貫禄を見せつけた。

 実戦初打席となった初回に右中間を破る二塁打を放つと、2打席目も初球を右前へ運んだ。

 今キャンプは、坂本らと独自調整が認められる「S班」でスタート。ファームの若手に交じって調整した。室内練習場では連日1時間以上の打ち込みを敢行。丸は、「1打席目からいいスイングができるように(フォームを)固めてきた。やってきて良かった」と汗を拭った。1打席目はカーブだったが、「ある程度ストレートを待っている中で反応できた」と涼しい顔。原監督も、「チームの手本という形で出てくれるのが非常に大きい」と最敬礼である。

 広島から巨人へFA移籍した昨季は打率・292、27本塁打、89打点の成績を残した。そんな丸の動向を気にかけている選手がいる。広島の鈴木誠也(25)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る