巨人山崎氏 痛みの訴えもトレーナーはツバつけときゃ治る

公開日: 更新日:

 2008年から12年間にわたって独立リーグのコーチ、監督を歴任し、今季から古巣巨人の巡回打撃コーチに就任した山崎章弘コーチ(58)が振り返る。

「80年の春のキャンプに行ったら、テレビに映っている人ばっかり。長嶋さん、王さんがいるんですから。長嶋さんは監督でその年限り。王さんも現役最後の年でした」

 育英高(兵庫)時代は公式戦通算16本塁打。強打の捕手として名を馳せ、1979年のドラフト2位で巨人に指名された。

「サブグラウンドで30分走って、1位だけが抜けられるという地獄のメニューがあった。抜けられなければ何時間も走り続けないといけない。それと、捕手の防具と剣道のこてを装着したフル装備の状態で、10メートルの至近距離からノックを浴びせられる練習も怖かったですね」

 これが巨人かとヘトヘトになって宿舎に帰ると、新人には別の仕事が待っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る