ソフトB森山コーチ キャンプ直前の門限破りで石毛さん激怒

公開日: 更新日:

「練習もきつくなかったし、特にしんどいと思ったことはないけど……」

 1986年のドラフト1位で西武に入団したソフトバンク・森山良二一軍コーチ(56)に、ルーキー時代のキャンプについて聞くと、少し考えてからこう言った。

「門限が厳しかったくらいかな」

 新人が一番つらかったのが門限というのも、なかなかスゴい話ではある。

 森山コーチは「俺は大学(北九州大)時代は遊びほうけてたから」と前置きし、西武の寮生時代をこう語る。

「朝7時35分から寮生の散歩があって、8時に朝メシ。そこから練習があって、夕メシは夜の6時。そこからは何もないけど、10時に点呼。これが一日の大体の流れかな。つまり、夕食後に遊びに出ても、夜10時には寮に戻ってないといけない。点呼が終わってから遊びに行ったこともあったけど、朝も早いからね。せいぜい、二軍寮から近い所沢とか新所沢くらいしか遊びに行けないんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る