大谷に右肘痛再発の不安 リハビリ順調も新フォームがカギ

公開日: 更新日:

 25日(日本時間26日)のオープン戦(アリゾナ州テンピ)で、エンゼルスとレッズが対戦。オープン戦初出場の大谷翔平(25)は2打数無安打、1死球に終わった。

 昨年9月に左膝を手術して以来、初めて実戦をこなした大谷。打者としての復帰にメドが立ったとはいえ、問題は投げる方ではないか。

 いまのところ投手としてのリハビリは順調で、23日には今キャンプで初めてブルペン入りし、最速130キロの速球を投げ込んだ。投手としての復帰のメドは5月中旬で、そこから逆算して調整を続ける予定になっている。しかし、「問題は大谷が右肘に負担のかからない新たな投球フォームを身に付けられるかどうかでしょう」と、特派員のひとりがこう続ける。

「大谷が右肘にメスを入れたのはメジャー1年目の2018年ですが、実はそれ以前、日本ハムでプレーしていたころから肘に不安を抱えていたというのです。右肘の外側に張りが出たり、軽い痛みが生じたりしたことがあり、それは靱帯を痛める投手の典型的な症状だと聞きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る