エ軍大谷 サイン盗みのアストロズ戦はとばっちりに要注意

公開日: 更新日:

 今季、投打の二刀流復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(25)が順調だ。

 キャンプ中のフリー打撃では場外弾を叩き込むなど、打つ方で仕上がりの良さを披露している。

 大谷は22日(日本時間23日)のロイヤルズとのオープン戦初戦に出場する見込み。昨年9月に手術を受けた左膝に問題がなければ、3月26日(同27日)のアストロズとの開幕スタメンに名を連ねるとみられる。まずは打者で先行復帰するが、開幕カードの打席では十分な注意が必要だ。アストロズ投手陣による厳しい内角攻めにさらされる可能性もあるからだ。

 一連のア軍のサイン盗みに対する他球団の選手、監督からの非難の声は、いまだにやまないどころか、日増しに強くなるばかり。2017年のワールドシリーズで敗れたドジャース投手陣は報復死球も辞さない構えを見せるなど、不穏な空気が漂っている。大谷のチームメートで左腕ヒーニーは報復死球こそ口にしなかったものの、「(ベーカー監督の)謝罪は到底、受け入れられるものではない。ヤツらには最低の気分を味わってほしいね」と不快感をあらわにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る