エ軍大谷が順調過ぎる 2度目ブルペンでついに変化球解禁

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が、二刀流復活に向けて一歩、前進である。

 26日(日本時間27日)は敵地でのオープン戦に帯同せず、キャンプ地アリゾナ州テンピの球団施設で調整。今キャンプ2度目のブルペン入りし、立ち投げも含めて54球を投げ込んだ。前回(23日)の投球練習では、直球は最速で約130キロ止まりだったが、この日は約135キロをマーク。調整の段階を追って投じるとしていた変化球をついに解禁し、カーブ、スライダーに加えてスプリットの感触を確かめた。

 当初の予定よりも調整ペースが大幅にアップした大谷は「全体的によかった。力を入れずにいいボールを投げられた。変化球もまずまずよかったと思います」と話した。

 球団は5月中旬をめどに投手としてメジャー復帰させる方針を明かしている。今後は徐々に球数を増やしながら、球威も上げていくことになる。大谷は現状について「やることはそんなに変わらないですね。投げ心地よくしっかり投げるということ。多少、強度と球数が変わったぐらいですかね」と冷静に分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る