頭脳派助っ人絶賛 ロッテ佐々木“旺盛な好奇心”で成長加速

公開日: 更新日:

 1月26日にキャンプ地の石垣島入りしてから1カ月。沖縄、高知、宮崎を渡り歩いた佐々木朗希(大船渡)が27日、プロ入り後初めて、本格的なブルペン投球を行い、21球を投じた。

 およそ40人の報道陣をはじめ、評論家で阪急OBの山田久志氏、オリックスの選手、ライバル球団のスコアラーらが見守る中、最後は吉井投手コーチに制されるように終了した。余力を残して「腹八分」にとどめた格好だ。

「(この1カ月間は)一軍で高いレベルのプレーを見たり感じたりできてよかった」と充実感をにじませた佐々木はいったん、高校の卒業式に出席するため故郷へ帰る。

 キャンプでは捕手のミットに突き刺さる剛球もさることながら、周囲を驚かせたことがある。新助っ人のハーマン(前楽天)が目を丸くして、こう言った。

「プロに入ったばかりの段階では、どういう気持ちで野球に取り組むかが大事になる。佐々木はルーキーだけど、とても観察力があると感じる。自分のことだけでなく、先輩がどうやっているのか、ブルペンで投球をチェックしている。学ぼうという姿勢は楽しみがあるし、若いうちは大事なことだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る