実戦へじっくり調整 ロッテ佐々木が取り組むシュート対策

公開日: 更新日:

 ここまでは順調に歩みを進めている。

 ロッテ佐々木朗希(大船渡)は25日、宮崎のソフトバンクのキャンプ地で6度目のブルペン入り。千賀らが見学する中、捕手を立たせて24球を投じ、約1分間の休憩を挟んでから捕手をホームベース上に座らせ20球。速球のみ計44球を投げ込んだ。

 27日には初めて通常の距離で捕手を座らせてブルペン入りする予定。3月に入れば、変化球を交えた投球もスタートする。キャンプ開始からの1カ月間、試合で全力投球をするための肉体強化も含め、実戦登板に向けてじっくりと調整を進めてきた。その佐々木についてロッテOBは、こんな課題を指摘する。

「指にかかった球は、浮き上がるような軌道で左右にバラけることなくミットに突き刺さるが、ちょっと力んだりすると左足に体重が乗り切らず、体が前に突っ込んでカット気味に引っかけたり、シュート気味に球が浮くことがある。体幹や下半身が出来上がっていないことも影響していると思われるが、とくにシュートする球は、右打者への死球リスクをはらみます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る