大谷の不安定フォームはむしろプラス OP戦3戦目で初安打

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が28日(日本時間29日)のレンジャーズ戦に「4番・DH」で出場し、2打数1安打1打点。一回1死三塁で、相手の先発右腕リンから左前適時打を放って、オープン戦3戦目で初安打初打点をマークした。

 大谷はこのキャンプ、オープン戦で、右足を小さく上げる新しい打撃フォームに取り組んでいる。いまだにしっくりこないのか、打撃練習では昨季までのすり足に戻すなど、依然として試行錯誤を続けている。

 大谷は2つの打撃フォームを試していることに「どちらもやっていく中で、何か気付くことがあると思う」と話している。実戦を通じて最適なフォームを身につけたいわけだが、フォームが安定しないのはむしろプラスではないか。

 大谷は渡米1年目の2018年のオープン戦でも右足を上げる打法で臨み、メジャーの投手に苦戦して打率1割2分5厘、0本塁打に終わった。オープン戦終盤には、マイナー降格もささやかれたが、開幕前にすり足に変えると、3戦目に初本塁打を放つなど、5戦連続安打をマークした。この年の大谷はシーズン途中まで投打の二刀流を続け、打率2割8分5厘、22本塁打、61打点で、新人王に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る