友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

マエケンに秋山や平野も…メジャー「トレード太り」の実情

公開日: 更新日:

 メジャーリーグでは「トレード太り」する選手が少なくない。一番多いのは契約書に「トレードボーナス条項」を入れている選手たちだ。

 キャンプ直前にドジャースからツインズに移籍した前田健太もそのひとりで、契約書に「トレードされるごとに元の球団は(前田に)ボーナスを100万ドル支払う」という一項を入れていたため活躍の場がLAからミネソタに移っただけで、日本円にして約1億1000万円を手にした。この他、日本人選手では秋山翔吾がトレードされるたびに100万ドル、平野佳寿は25万ドル(約2750万円)出るボーナス契約をしている。

 メッツのセスペデスは「ア・リーグの球団にトレードされた場合は200万ドル(約2億2000万円)、ナ・リーグの球団にトレードされた場合は50万ドル(約5500万円)が出る」という変則的なトレードボーナス契約をしている。これはア・リーグの球団だと、DHで使われる可能性が高くなるため自慢の鉄砲肩を活用できなくなるから。そこでア・リーグのチームへのトレードだと球団の負担が4倍になるようにしてブレーキをかけたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

もっと見る