エ軍大谷が大ブレーキ 2打席連続三振で二刀流復活遠のく

公開日: 更新日:

 強力打線と前評判の高いエンゼルス主砲の調子が上がってこない。

 今季の開幕から打者先行で復帰する大谷翔平(25)が1日(日本時間2日)のホワイトソックス戦に「4番・DH」で出場し、2打数無安打だった。

 大谷は、相手の先発左腕デトワイラーにタイミングが合わなかった。ナショナルズから移籍の3番レンドンが先制3ランを放った直後に巡ってきた初回の第1打席はカウント2―2から直球に空振り三振。三回無死一塁の第2打席は外角低めの変化球に手が出ず見逃し三振を喫した。

 昨季、2打数2安打1本塁打と相性の良かった左腕に抑え込まれた大谷はオープン戦4試合(計10打席)で8打数1安打の打率・125、1打点、6三振。昨季のMVPで2番トラウト、3番レンドンが順調な仕上がりを見せる中、投打の二刀流として完全復活を期待される大谷は一人、蚊帳の外である。

 投手のリハビリを並行して行っているだけに、難しい調整を強いられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る