松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

響き渡るプレー音…無観客だから分かる観客のありがたさよ

公開日: 更新日:

 プロ野球オープン戦が無観客試合で行われている。やたらうるせえ太鼓も遠慮会釈のないラッパもない。

 ピッチャーの投げるボールが、ブンと空気を切り裂く音が聞こえる。キャッチャーミットにブヮシンと収まる音が響く。ベンチで「オラオラオラ、バッタービビってるよ!」という声が響く。打てばカッキ~ンという音がこだまして外野手がグワシグワシと芝を蹴る音とともに、打球が外野席にガッコ~ンと跳ね返る音に続き、「ナイスバッチ!」と「ドンマイ!」が飛び交う。それ以外の音といえば空高くトンビのピーヒョロロと間延びした鳴き声だけ。スタンドにポツリと座った球団OBは「寂しいねえ」とため息をつく。

 無観客試合というのは、本来のむき身の野球を肌で感じ直す絶好のチャンスである。

 いろんなことが分かる。敵のベンチのあいつはきたねえヤジを飛ばす。味方のこいつは全然声を出さない。ああ、てめえのことしか考えてないんだな、と分かる。味方がチャンスのとき4番バッターが三振すると、監督が立ち上がる瞬間に括約筋が緩んで小さくする屁の音。ゴミ箱を叩いて球種を教えりゃすぐバレる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る