松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

響き渡るプレー音…無観客だから分かる観客のありがたさよ

公開日: 更新日:

 プロ野球オープン戦が無観客試合で行われている。やたらうるせえ太鼓も遠慮会釈のないラッパもない。

 ピッチャーの投げるボールが、ブンと空気を切り裂く音が聞こえる。キャッチャーミットにブヮシンと収まる音が響く。ベンチで「オラオラオラ、バッタービビってるよ!」という声が響く。打てばカッキ~ンという音がこだまして外野手がグワシグワシと芝を蹴る音とともに、打球が外野席にガッコ~ンと跳ね返る音に続き、「ナイスバッチ!」と「ドンマイ!」が飛び交う。それ以外の音といえば空高くトンビのピーヒョロロと間延びした鳴き声だけ。スタンドにポツリと座った球団OBは「寂しいねえ」とため息をつく。

 無観客試合というのは、本来のむき身の野球を肌で感じ直す絶好のチャンスである。

 いろんなことが分かる。敵のベンチのあいつはきたねえヤジを飛ばす。味方のこいつは全然声を出さない。ああ、てめえのことしか考えてないんだな、と分かる。味方がチャンスのとき4番バッターが三振すると、監督が立ち上がる瞬間に括約筋が緩んで小さくする屁の音。ゴミ箱を叩いて球種を教えりゃすぐバレる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る