プロ野球史上初・OP戦72試合無観客決定で“笑う”阪神と藤浪

公開日: 更新日:

 コロナの余波がプロ野球にも及んだ。

 26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NPB(日本野球機構)はオープン戦72試合と二軍教育リーグを無観客試合とすることを決めた。無観客試合実施は史上初だ。

 すでにサッカーラグビーなどは公式戦の延期を決定している。何が何でも試合はやる、という姿勢の是非はともかくとして、「この決定は阪神にとって、プラスになるんじゃないか」との話も聞こえてきた。

■タメ息もヤジもなし

 さる阪神OBが「藤浪の復活を後押しするかもしれませんからね」と、こう話す。

「近年、不調が続く藤浪は、自分自身のみならず、熱狂的な阪神ファンとも闘っていた。ボールが先行してカウントを悪くすると、場内は数万人のファンの大きなタメ息に包まれる。時には心ないヤジも飛ぶ。勝てば大喜びしてくれるとはいえ、メンタルに問題がある藤浪にとって、精神的にさらに追い込まれていたフシがある。阪神の残りのオープン戦は甲子園、京セラで計7試合(オリックス主催の2試合を含む)。無観客の試合なら応援はないものの、タメ息やヤジは一切飛んでこない。オープン戦中の短期間といえども、心置きなく投球に集中できれば、復活の足掛かりをつくれる可能性はありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る