巨人OP戦無観客 迅速決断の裏に袋叩きにあった9年前の教訓

公開日: 更新日:

 巨人の動きは早かった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、まず25日に東京ドームで29日と3月1日に主催するヤクルトとのオープン戦2連戦を無観客で実施すると発表した。

 NPBが29日から3月15日までのオープン戦72試合を無観客試合にすることを決めたのも、前日の巨人の決定が大きな影響を及ぼしたのは間違いない。

 24日に政府が「今後1~2週間が瀬戸際」と位置付けたことを重視した巨人が「無観客」と発表したのはその翌日。決定と発表を急いだのは、9年前の教訓かもしれない。

 2011年3月、東日本大震災が発生した直後に、巨人が通常開幕を押し通そうとした時のことだ。

 当時の渡辺球団会長が「開幕を延期しろとか、プロ野球はしばらくやめろとかいう俗説があるが、太平洋戦争に負けた後、3カ月で始めた歴史がある」と昔話を持ち出せば、滝鼻オーナーは「節電してくれってのは政府が言うことだろうけど、開幕を何日にしろってのは、お上が決めることか。日程は我々が決める」と発言。清武球団代表も「野球人は野球をやるのが責務。それが日常化の足掛かりになる。自粛よりも行動を選んだ。私たちにできることは野球。野球を通じて利益を上げ、社会に還元すること」と正当性を主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る