巨人“5番候補”大城が待望の一発 復調気配は4番岡本に朗報

公開日: 更新日:

 やっと出た。

 4日の日本ハム戦の二回2死二塁。7番・DHで先発出場した巨人大城卓三(27)が、相手先発バーヘイゲンの151キロをバックスクリーンに突き刺した。オープン戦1号。試合前まで16打数2安打と不振を極めていた男に待望の一発である。

「久しぶりにいい感覚で打てた」

 六回にも右前打を放って5打数2安打だった大城は破顔一笑だったが、復調の兆しを本人以上に喜んだのは、この日も4番に入って6試合連続安打を放った絶好調の岡本和真(23)ではないか。

「打率・348と好調を維持する岡本は2年連続で30本塁打以上をマークしていて、今年は初のタイトルも期待できます。本塁打王か打点王か、どちらを目指すにしても、自身の状態以上に大事になるのが、あとを打つ5番打者の成績。5番次第で相手投手の岡本に対するマークが厳しくもなれば甘くもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

もっと見る