巨人“5番候補”大城が待望の一発 復調気配は4番岡本に朗報

公開日: 更新日:

 やっと出た。

 4日の日本ハム戦の二回2死二塁。7番・DHで先発出場した巨人大城卓三(27)が、相手先発バーヘイゲンの151キロをバックスクリーンに突き刺した。オープン戦1号。試合前まで16打数2安打と不振を極めていた男に待望の一発である。

「久しぶりにいい感覚で打てた」

 六回にも右前打を放って5打数2安打だった大城は破顔一笑だったが、復調の兆しを本人以上に喜んだのは、この日も4番に入って6試合連続安打を放った絶好調の岡本和真(23)ではないか。

「打率・348と好調を維持する岡本は2年連続で30本塁打以上をマークしていて、今年は初のタイトルも期待できます。本塁打王か打点王か、どちらを目指すにしても、自身の状態以上に大事になるのが、あとを打つ5番打者の成績。5番次第で相手投手の岡本に対するマークが厳しくもなれば甘くもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る