ダルがコロナ危機払拭も…なぜか露呈してしまう虚弱体質

公開日: 更新日:

 体調不良を訴えてレンジャーズ戦での登板を回避したカブス・ダルビッシュ有(33)が6日(日本時間7日)、練習に復帰。実戦を想定したフリー打撃で、計12人に対し、47球を投げた。

 前日に更新した本人のSNSによれば、インフルエンザ検査の結果は陰性で、熱はなく、咳などの症状も収まったという。

 心配された新型コロナウイルスの感染は免れたとはいえ、あらためてダルの虚弱体質が露呈した。

 ダルは2012年に渡米して以降、肩や肘の不調ならいざ知らず、明らかになっているだけでも、2度も風邪の不調を訴えて、登板を回避したことがある。

 ダルは筋トレによるビルドアップに励んでおり、二の腕や下半身の筋肉は投手というより、まるでプロレスラーだ。定期的にサプリメントを摂取するなど、人一倍、フィジカルには気を配っている。コンディショニングに関する知識も深く、日本人メジャーリーガーはもちろん、同僚選手からもアドバイスを求められるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る