ダルがコロナ危機払拭も…なぜか露呈してしまう虚弱体質

公開日: 更新日:

 体調不良を訴えてレンジャーズ戦での登板を回避したカブス・ダルビッシュ有(33)が6日(日本時間7日)、練習に復帰。実戦を想定したフリー打撃で、計12人に対し、47球を投げた。

 前日に更新した本人のSNSによれば、インフルエンザ検査の結果は陰性で、熱はなく、咳などの症状も収まったという。

 心配された新型コロナウイルスの感染は免れたとはいえ、あらためてダルの虚弱体質が露呈した。

 ダルは2012年に渡米して以降、肩や肘の不調ならいざ知らず、明らかになっているだけでも、2度も風邪の不調を訴えて、登板を回避したことがある。

 ダルは筋トレによるビルドアップに励んでおり、二の腕や下半身の筋肉は投手というより、まるでプロレスラーだ。定期的にサプリメントを摂取するなど、人一倍、フィジカルには気を配っている。コンディショニングに関する知識も深く、日本人メジャーリーガーはもちろん、同僚選手からもアドバイスを求められるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る