ダルがコロナ危機払拭も…なぜか露呈してしまう虚弱体質

公開日: 更新日:

 体調不良を訴えてレンジャーズ戦での登板を回避したカブス・ダルビッシュ有(33)が6日(日本時間7日)、練習に復帰。実戦を想定したフリー打撃で、計12人に対し、47球を投げた。

 前日に更新した本人のSNSによれば、インフルエンザ検査の結果は陰性で、熱はなく、咳などの症状も収まったという。

 心配された新型コロナウイルスの感染は免れたとはいえ、あらためてダルの虚弱体質が露呈した。

 ダルは2012年に渡米して以降、肩や肘の不調ならいざ知らず、明らかになっているだけでも、2度も風邪の不調を訴えて、登板を回避したことがある。

 ダルは筋トレによるビルドアップに励んでおり、二の腕や下半身の筋肉は投手というより、まるでプロレスラーだ。定期的にサプリメントを摂取するなど、人一倍、フィジカルには気を配っている。コンディショニングに関する知識も深く、日本人メジャーリーガーはもちろん、同僚選手からもアドバイスを求められるほどだ。

 体のケアにも抜かりなく取り組んでいながら、頻繁に体調を崩しているダルは、他の選手以上に免疫力向上に気を配った方がよさそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?