パーラにサンチェス…巨人は今季も助っ人に泣かされる予感

公開日: 更新日:

 巨人の助っ人勢が停滞している。

 ヘラルド・パーラ(32=ナショナルズ)は左首の違和感を訴え、3、4日の日本ハム戦を欠場した。原監督は「大したことはない」と軽症を強調するが、キャンプでは左膝痛も発症していた。これまでのオープン戦4試合で12打数4安打、打率・333と調子自体は悪くないものの、メジャー通算1312安打の大物も、コンディション面の先行きは不透明である。

 パーラ以上に原監督をザワつかせているのは、エンジェル・サンチェス(30=韓国SK)だろう。登板したオープン戦2試合で5失点と2失点。防御率は15・75だ。

「昨年の韓国リーグ17勝(5敗)の触れ込みで、開幕ローテ入りはほぼ決まっているが、登板予定の7日のオリックス戦の内容、結果があまりにも悪ければ、白紙に戻される可能性もあります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る