内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

長嶋監督と松井が素振り練習でつくり上げた「仮想ライン」

公開日: 更新日:

 寮生だった松井秀喜は、ナイター後に帰寮すると、食事の後、30分~1時間ほど素振りをするのが日課だった。

 二軍の打撃コーチだった私も当時は寮に住み込んでいた。2階が一軍部屋で松井は私の隣の隣の部屋だった。私はヤクザものの映画が好きで、休前日などにレンタルDVDを部屋で観賞していた。深夜、寮内の自動販売機にジュースを買いに行くと、松井はいつも黙々とバットを振っていた。寝るのは深夜2時半から3時ごろだと聞いた。それから7、8時間ほど睡眠を取り、昼すぎに東京ドームに入っていた。

 長嶋監督はこの頃、松井秀喜の「4番1000日計画」を掲げ、連日マンツーマン指導を行っていた。

 遠征先の場合、選手は11時前に球団が借りているホテルの大広間でスイングをしてから昼食を取る。その時、松井は長嶋監督のところで個人レッスンを受けていた。5分の時も30分の時もある。その後、ミーティングをしてからバスで球場入りするという流れだった。私は松井に長嶋監督からどんなアドバイスをされたか、内容を聞くようにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る