巨人&ソフトBの育成選手乱獲 高校生合同練習会で加速か…

公開日: 更新日:

「主に下位指名、育成指名候補の実力を見極める場になるでしょう」

 8月末と9月頭に開催されるプロ野球と高野連による高校生対象の「合同練習会」(希望選手が多い場合は9月中旬に3回目の実施を検討)について、パ球団のスカウトがこう言った。

 事実上の「プロテスト」といえるこの合同練習会は、コロナ禍により、春、夏の甲子園大会、地方大会が中止となり、プロにアピールする場がなくなった球児への「救済措置」として行われる。

 プロ側のメリットは大きい。7~8月には、春のセンバツ出場校が参加する甲子園交流試合や、各都道府県による独自大会が行われるが、試合数は限られる。評価の見極めが難しい下位、育成候補をじかにチェックできる貴重な機会といえる。

 球界OBは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る