日ハム清宮幸太郎 変化と成長を披露する場が与えられない

公開日: 更新日:

日本ハム 清宮幸太郎(21歳・3年目・17年1位)

 早実時代に高校通算歴代1位の111本塁打を放った輝きはかすみつつある。プロ入り2年間で打率・202、14本塁打、51打点。高校時代は“格下”だった同期のヤクルト村上宗隆がブレークする中、こちらは栗山監督の「幸太郎はスットコドッコイ」などという酷評がスポーツ紙に載る程度の扱いになっている。

「1年目に腹膜炎、2年目に右手首骨折、右ひじ痛と不運が重なったとはいえ、首脳陣が物足りなさを感じたのは野球に取り組む姿勢です。おっとりした性格で、練習でも試合でも何が何でもというガムシャラさが見えない、というわけです」

 そう言う球団OBが、「でも……」と続ける。「必死さが出てきたという声をチームの中から聞くようになった。開幕延期による自主練習中のスイング量もそうだし、敵地での試合が続く開幕後も毎日、宿舎の中庭などで朝10時から2時間、汗びっしょりになって素振りをしているといいますからね。それも、上からの強制ではなく、自ら矢野打撃コーチ補佐に『お願いします』と言ってくるようになった。練習での打球の飛距離、速さは物凄い迫力ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る