大谷4戦連続ベンチで今季終了も 指揮官“飼い殺し”で構想外

公開日: 更新日:

 最後通告と取れないこともない。

 極度の打撃不振でベンチを温め続けているエンゼルス・大谷翔平(26)について、ジョー・マドン監督が今季の事実上の構想外をほのめかしたのだ。

 今季は各地区の上位2球団に加え、3位の勝率上位2球団の8球団ずつ、計16球団がプレーオフに出られる。

■「残りはいまのメンバーで」

 日本時間17日現在、エンゼルスは首位アスレチックスから11ゲーム離されたア・リーグ西地区4位。勝率が4割ちょうどと低いだけに、3位での進出は絶望的。プレーオフに進出するには地区2位のアストロズとの4・5ゲーム差をひっくり返す以外にない。残り10試合しかないことを考えたらほぼ不可能に近いものの、「大谷は長丁場なら良くなる。でも、今は限られた試合の中で戦わなければならない。残り10日ほどはいまのメンバーでいく」と、マドン監督はまだプレーオフ進出をあきらめたわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

もっと見る