大谷が4試合連続スタメン落ち 地元は投打不振の戦犯扱い

公開日: 更新日:

 二刀流への風当たりが強まってきた。

■4戦連続ベンチスタート

 深刻な打撃不振にあえぐエンゼルス・大谷翔平(26)。16日(日本時間17日)のダイヤモンドバックス戦でスタメン落ち。ベテランのプホルス(40)が「5番・DH」に名を連ね、これで大谷は4試合連続のベンチスタートだ。このダイヤモンドバックス3連戦は初戦のバムガーナーを皮切りに、スミス、ヤングと左腕の先発が続き、プホルスらが好調なこともあり、すっかり出番を失っている。

 今季の大谷はDHで、37試合に出場し、132打数25安打の打率・189、5本塁打、20打点、42三振。前日の15日には、ついに規定打席を割った。新型コロナウイルス感染拡大で開幕が7月下旬に延期されたため、投打の二刀流として完全復活が期待されながら、0勝1敗、防御率37・80。右肘周辺の筋肉を傷めて、わずか2試合に登板しただけで、早々と離脱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る