ビジャレアル久保 27日バルサ戦ベンチスタート有力の根拠

公開日: 更新日:

 スペイン1部ビジャレアル所属の日本代表FW久保建英(19)にとってまさに大一番である。

 開幕2試合ともベンチスタートだった久保は現地27日、バルセロナと対戦する。大一番に<初スタメンはあるか?>と関心を集めているのだ。

 ここまでゴールもアシストもなく、目に見える<結果>を残していない久保だが、プレー内容は「彼自身のクオリティーの高さを1対1の場面で示した」(アス紙)と高く評価されている。もっとも「久保がバルサ戦の先発に名を連ねる可能性は低い」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

「1トップを張るFWアルカセル、トップ下の大黒柱FWジェラール・モレノ、右サイドの快足FWチュクウェゼが高パフォーマンスを見せているからですが、久保自身は新天地でも持ち味を十分に発揮しています。エイバル戦の終了間際、右サイドのモレノからパスを受けてシュートに持ち込み、DFの足に当たってGKに難なくキャッチされた場面がありましたが、久保はドリブル中に左足スパイクの裏でボールをこねることで<タイミングを外してDFを翻弄>しようと試み、その上でGKが反応しにくい<股抜き>シュートを選択した。結果的には力のないシュートに終わりましたが、久保の技術の高さ、スペイン1部でもリラックスしてプレーできるメンタリティーを証明した。バルサ戦でスタメンを外れても、途中出場は確実と断言してもいいでしょう」(六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る