久保建英ビジャレアルでの生命線…鍵は“中盤の王様”パレホ

公開日: 更新日:

 今季スペインリーグの開幕が近づき、前季5位のビジャレアルに移籍した日本代表FW久保建英(19)の動向が、地元スペインでも話題になっている。開幕戦の相手ウエスカには元日本代表FW岡崎慎司(34)が在籍しており、日本人対決なるか!? で盛り上がっている。

 もっとも2部に降格した前所属マジョルカとは違い、個々の選手のレベルが高いビジャレアルでスタメン出場は至難のワザ。「トップ下で開幕スタメン」と報じる現地メディアも一部にはあるが、フタを開けてみるとベンチスタートという可能性もゼロではない。

「久保が生き残るには同じ移籍組の31歳MFパレホに気に入られないとダメ」とサッカー関係者が続ける。

「元スペイン代表のパレホは2011年から欧州CL、欧州EL常連チームのバレンシアの主軸としてプレー。バレンシアの財政難でビジャレアルに電撃移籍したが、短期間でチームに馴染んで<中盤の底から前線、DFラインまで幅広くプレー>しながら、中盤の王様として君臨している。久保は攻守の要であるパレホからパスが回って来ないと孤立してしまう。練習からパレホの動きを強烈に意識しながら、互いのコンビネーションを高めることが、久保のスタメン出場を増やす原動力となる」

 6日の練習試合で久保とパレホは、パス交換をしながら攻め入る場面が何度か見られた。その回数を増やして精度を高める。これに尽きる――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔