5回無失点も白星逃したマエケン「史上2位記録」報酬いくら

公開日: 更新日:

 メジャーのプレーオフが、日本時間30日に開幕。ツインズ・前田健太(32)は、アストロズとのワイルドカードシリーズ(WCS)第1戦に登板し、5回を2安打無失点、5奪三振、3四球。相手先発で、2009年のサイ・ヤング賞右腕グリンキーとの投げ合いを制し、勝利投手の権利を持って降板したが、リリーフ陣が打ち込まれて白星を逃した。

 今季の前田は11試合計66回3分の2に登板し、6勝1敗、防御率2・70。抜群の安定感で投手陣を牽引し、チームのア・リーグ中地区連覇に貢献。さらに、歴史に名を残す偉業も成し遂げた。1イニング当たりに出した走者数を示すWHIP0・76(1・0以下で超一流)はメジャートップで、2000年にレッドソックスのペドロ・マルティネスがマークした0・74に次いで史上2番目の好記録を残した。

 背筋痛などで負傷者リスト(IL)入りしたオドリッジに代わるエース格としてチームを牽引しながら、報酬は決して恵まれていない。60試合制の今季は通常年俸の37%しか支払われず、前田の本来300万ドル(約3億1700万円)の年俸は111万ドル(約1億1600万円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る