来季の大谷は「投手専念」二刀流推進の後ろ盾GMが解任必至

公開日: 更新日:

 これまで全米の注目を集めた二刀流が、来季は1本の刀だけで勝負することになるかもしれない。今季、投打とも低空飛行が続いたエンゼルス・大谷翔平(26)のことだ。

 2018年10月に受けた右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術から復帰し、二刀流として期待された今季は投打ともからっきし。投手では2試合計1回3分の2に登板し、0勝1敗、防御率37・80。右肘周辺の筋肉を痛めて投手は早々と断念。23日(日本時間24日)のパドレス戦で7号2ランを放ったものの、ここまで41試合で144打数28安打の打率・194、7本塁打、24打点。チームはプレーオフ出場の可能性を残していたことから、極度の打撃不振を理由に今月12日(日本時間13日)のロッキーズ戦から5戦連続で欠場した。

 投げては160キロの剛速球、打っては特大の一発を放つどころか、投手を務めれば故障続き、打席でもサッパリ。投打とも結果を残せない大谷の起用法はエンゼルス首脳陣の頭痛の種になっているが、関係者の話を総合すると、来季は投手に専念することになりそうだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る