162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

公開日: 更新日:

 全国中継のテレビニュースも大騒ぎだ。阪神藤浪晋太郎(26)が19日のヤクルト戦で、自己最速の162キロをマークしたからである。

 これはエンゼルスの大谷翔平日本ハム時代に投げた165キロに次ぐ速さ。しかも、リリーフ登板では7試合連続無失点と好投しており、近年は制球難に苦しんだ右腕が復活の兆しを見せている。

 とはいえ、藤浪の活躍はあくまで「ひょうたんから駒」。7月23日に先発として今季初登板して以降、計8試合で1勝5敗、防御率5・87と振るわず二軍落ち。しかし、9月25日に糸原、岩貞ら選手、スタッフがコロナに大量感染、内規違反の外食が判明して大量10選手が登録抹消となったことで、藤浪は緊急昇格。

 本職の先発ではなく、投げる投手がいない中でリリーフとして起用したら、たまたまハマっただけのことだ。ある球界OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る