リバプール南野に燻るレンタル移籍説…出番失い都落ち危機

公開日: 更新日:

 英プレミアの名門リバプールに所属する日本代表MF南野拓実(24)は、日本時間1日に行われたウェストハム戦(午前2時30分開始)をベンチで眺めながら、自分の近未来の姿がクッキリと見えたのではないか。

 リバプールはレギュラーFWのサラー、マネ、フィルミノの3トップが先発。1-1の同点で迎えた後半50分、サラー以外の2人に代わってFWジョッタとMFシャキリが投入された。これがドンピシャのメンバー交代となった。

 トップ下に入ったシャキリがキレキレの圧巻パフォーマンスで相手DF陣を翻弄し、後半85分にはジョッタの決勝ゴールをお膳立て。チャンスをきっちりモノにしたジョッタの決定力の高さも見事だった。そして終了前には、MFミルナーが投入されて「そのまま試合を終わらせる役割」を過不足なく務め上げた。

 90分間、スタンドの控え選手エリアでマスクを付けたまま、ただ戦況を見つめるしかなかった南野は、チーム内の攻撃系選手の立ち位置が、①サラー②マネ③フィルミノ④ジョッタ⑤シャキリ⑥ミルナー⑦南野⑧オリギであることを知らされ、これからもベンチウォーマーから抜け出せないことを痛感したはず。それどころかケガで戦線離脱中のMFチアゴ、MFケイタが戻ってきた場合、序列が⑨以降となって〈レンタル移籍要員として放出される〉危機を迎えないとも限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い