久保建英3試合連続スタメンも…突き付けられた最重要課題

公開日: 更新日:

 欧州リーグ(EL)でビジャレアルが、アゼルバイジャンのカラバフと対戦(日本時間30日午前3時開始)。3―1のスコアで順当勝ちした。

 公式戦3試合連続スタメンの日本代表MF久保建英(19)は、左サイドMFとしてプレー。前半は<消えている時間>が目に付いたが、後半になると右サイドMFのFWチュクウェゼと頻繁にポジションを入れ替え、カラバフDF陣を手玉に取ってスペインメディアから「後半になると解き放たれた。クボがボールを持つと風景が変わる」と絶賛された。しかし、なかなか<結果が付いてこない>のが、久保のウイークポイントである。

 試合はスコアレスで後半30分を迎え、そこでビジャレアルのエメリ監督は<3選手同時交代>を決断。久保に見切りをつけてエースFWパコ・アルカセルをピッチ内に送った。試合が動いた。

 カラバフが同33分に先制すると2分後、ビジャレアルのMFピノ・サントスが同点弾。同40分と同51分にはパコ・アルカセルが連続ゴールを決めて逃げ切った。結局、3点とも後半30分から途中出場した選手がゲット。久保は好パフォーマンスを披露したとはいえ、欧州で攻撃系の選手は流麗なプレーよりも、ゴールとアシストをどれだけ残したか、によって評価が大きく変わる。より貪欲にゴールとアシストにこだわっていく――。今の久保に必要な最重要課題を突き付けられた格好である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る