チームと監督をミスリードしてしまった本田圭佑の“ビッグマウス”

公開日: 更新日:

 前回南アW杯ベスト16の立役者である本田圭佑(28)。世界中の選手が憧れるビッグクラブ、ACミランに入り、しかもエースナンバーの背番号10。サッカー界の成功者である。

 しかし今大会の「本田圭佑」は、あらゆる面でチームをミスリードしてしまった。「W杯で優勝を狙う」「オレたちはW杯で優勝できる」と大言壮語。チームメートどころか、慎重居士のザッケローニ監督までもその気にさせた。

 その結果、チーム内には「日本らしい攻撃サッカーを貫けば勝てる」「取られた点以上に取ればいい」「イタリアの目標はベスト8? 関係ない。オレたちの目標は目標だから」といったセリフが飛び交った。

 本田が個人的なことで“ビッグマウス”を連発するのは勝手だが、実現不可能な言葉を並べ立てたため、チーム全体が勘違いしてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る