43歳小針は新生オズジャパンの「砂の上の救世主」になるか

公開日: 更新日:

 ビーチサッカー日本代表が11日、東京・立川市の「TAHICHI BEACH」で行われていたトレーニングキャンプを打ち上げた。

 2019年W杯パラグアイ大会でベスト4に入ったビーチサッカー日本代表は、功労者であるラモス瑠偉監督が勇退。チームの大黒柱・FP茂怜羅オズに指揮官も任せることになった。

 オズ・ジャパン体制となって3回目となるトレーニングキャンプには、GK3人とFP12人の計15人が参加。この中で注目を集めたのは、U-17(17歳以下)やU-22(22歳以下)で日本代表経験のある元Jリーガー小針清允が、43歳にして初めて砂のピッチの上に立って奮闘したことだ。

■18年に南葛SCに選手登録

 東京板橋区出身の小針は1996年に東京Vに入団。それから神戸、仙台、栃木、鳥取とJクラブを渡り歩き、2015年に現役を引退。2017年、人気漫画「キャプテン翼」の原作者・高橋陽一氏がオーナーを務める南葛SC(東京都社会人リーグ1部)のGKコーチに就任し、2018年以降は選手としても登録されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る