ビーチサッカーオズ新監督体制始動 3選手に意気込みを聞く

公開日: 更新日:

 茂怜羅オズ新監督(選手兼任)率いるビーチサッカー日本代表の初合宿(9月28日から10月3日まで)が東京・立川市で行われた。

 新型コロナ禍で強化スケジュールが大幅に遅れる中、2021年3月にタイ・パタヤで開催されるW杯アジア最終予選に向け、今回招集された19選手は限られた時間の中で熾烈な代表争いを繰り広げていく。3選手に聞いた。

【山内悠誠=東京ヴェルディBS】

 新型コロナでも引っ込んでばかりいるのではなく、自然体で過ごしています。(新しい選手が多く呼ばれたが)世代交代というよりも、みんなで争うというか、盛礼良レオナルドには刺激を受けています。これからビーチサッカーを覚えれば世界に通用する選手になるでしょう。ラモスさんからオズさんに代表監督が変わり、今はより高いモチベーションを持ってビーチサッカーに取り組んでいます。持っている100の力を60や70しか出せないのではなく、しっかりと100出せるように毎日、厳しいトレーニングを自分に課しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る