MLBはコロナ禍でも通常開催へ…楽観方針でNBAの二の舞懸念

公開日: 更新日:

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナーが楽観的な方針を示した。全30球団に対し、今季は従来通り2月中旬にキャンプインし、レギュラーシーズンは162試合の通常開催に向けて準備するよう通達したのだ。

 メジャーは昨季、コロナ禍により60試合制で実施し、選手は本来の年俸から約37%の減額を強いられた。コミッショナーは162試合制に戻し、年俸の満額支給を求める選手会側に配慮したものとみられる。昨季はメジャー全体で3000億円近い損失を被ったこともあり財政悪化を食い止めたい各球団の思惑も見え隠れするが、キャンプ、オープン戦、レギュラーシーズンを強行すれば悲惨な状況に陥りかねない。

 折しも、昨年12月下旬に開幕したプロバスケットボールNBAでは感染者、濃厚接触者が続出し、すでに4試合が延期になった(現地11日終了時)。昨季、ファイナルで準優勝したマイアミ・ヒートは故障者も出たことから、規則で定められたベンチ入りメンバー8人を確保できずに10日のボストン・セルティックス戦の実施を断念した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る