コロナでMLB大幅減収 年俸調停権を取得した大谷の値段は?

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が、厳冬を強いられそうだ。コロナ禍により、大リーグ機構(MLB)や全30球団とも大幅な減収に陥ったからだ。

 ドジャースの32年ぶり世界一から一夜明けた日本時間29日には、各球団のリストラが開始され、マリナーズ、ダイヤモンドバックスなど計6チームが、球団に選択権のある来季の契約を拒否した。マリナーズ・ゴードン内野手(年俸約12億5000万円)、ダイヤモンドバックスの右腕リーク(同18億8000万円)ら実績のある高給取りも含まれており、オフシーズン初日だけで14人も来季のオプションを破棄された。選手の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」によれば、来季の選択権行使は11月1日が期限。今後も来季の契約を見送られる選手が続出する可能性があるという。

 MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが20日、AP通信のインタビューで明かしたところによれば、レギュラーシーズンを60試合に短縮し、無観客で実施した今季は全30球団の損失が30億ドル(約3132億円)にも上るという。来季も、コロナ以前の収益回復は見込めないだけに、今オフは各球団とも、年俸総額の抑制、削減を図ると予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る