桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

公開日: 更新日:

 巨人周辺がいまだにザワついている。

 突然の入閣で15年ぶりに古巣巨人への復帰が決まった桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)。さっそく、「たくさん走って、たくさん投げるという時代ではない」と前近代的な練習を否定、「スポーツ科学の発展で解明されてきたことをフル活用したい」と独自の指導方針を開陳すると、「なにを言っとるか!」と語気強く異論を唱えたのはOBの張本勲氏だ。

「こういう若い人(指導者)がどんどん出てきてくれなきゃ。(しかし)気に入らないのは、たくさん走ってたくさん投げる時代じゃない? そんなこと言っちゃダメだ。練習は徹底的にさせなきゃダメ。科学的にやるんだったら東大生が全部うまくなるわ」

 そう言って、情報番組の自身のコーナーで“喝”を入れたのだ。

 異例の時期に実現したビッグネームの入閣に、球界OBやチーム関係者もウの目タカの目。皮肉を込めて、「現役時代から合理主義。高卒1年目の春のキャンプでいきなり『きょうはノースローにします』と言ったくらいだからね。量より質という考え方は、今の時代に歓迎されるとは思う。ラクだし、選手に好かれる指導者にはなるんじゃないの」とコーチ経験のあるOBは、「お手並み拝見」とニヤリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る