連敗止めた東大野球部に歓喜も 桑田真澄氏を“白眼視”のなぜ

公開日:  更新日:

 さすがに連勝はならなかった。

 前日に東京六大学リーグでの連敗を「94」で止めた東大が、昨24日の法大との2回戦に2-6で敗戦。それでも、打線が2000年春以来となる1試合2本塁打をマークするなど、神宮球場を大いに沸かせた。

「エラーが4つ出て反省しきりの試合。1つ勝って浮かれている気持ちがなかったとは言い切れない」

 とは、試合後の浜田監督。新聞・テレビに大きく取り上げられた前日の1694日ぶりの勝利にチームが浮足立ってしまったというわけだが、はしゃいでいたのは選手だけではない。

 昨年まで東大のコーチとして野球部を指導した元巨人の桑田真澄(47)である。とうとうとこうコメントしていた。

「特別コーチとして2年間、一緒に汗を流した仲間なので、彼らが頑張っている姿は気にかけながら見ていました。この2年間は、以前と比べてロースコアの試合が増え、着実に力をつけていました。非常にうれしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る