連敗止めた東大野球部に歓喜も 桑田真澄氏を“白眼視”のなぜ

公開日:  更新日:

 さすがに連勝はならなかった。

 前日に東京六大学リーグでの連敗を「94」で止めた東大が、昨24日の法大との2回戦に2-6で敗戦。それでも、打線が2000年春以来となる1試合2本塁打をマークするなど、神宮球場を大いに沸かせた。

「エラーが4つ出て反省しきりの試合。1つ勝って浮かれている気持ちがなかったとは言い切れない」

 とは、試合後の浜田監督。新聞・テレビに大きく取り上げられた前日の1694日ぶりの勝利にチームが浮足立ってしまったというわけだが、はしゃいでいたのは選手だけではない。

 昨年まで東大のコーチとして野球部を指導した元巨人の桑田真澄(47)である。とうとうとこうコメントしていた。

「特別コーチとして2年間、一緒に汗を流した仲間なので、彼らが頑張っている姿は気にかけながら見ていました。この2年間は、以前と比べてロースコアの試合が増え、着実に力をつけていました。非常にうれしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る