• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗止めた東大野球部に歓喜も 桑田真澄氏を“白眼視”のなぜ

 さすがに連勝はならなかった。

 前日に東京六大学リーグでの連敗を「94」で止めた東大が、昨24日の法大との2回戦に2-6で敗戦。それでも、打線が2000年春以来となる1試合2本塁打をマークするなど、神宮球場を大いに沸かせた。

「エラーが4つ出て反省しきりの試合。1つ勝って浮かれている気持ちがなかったとは言い切れない」

 とは、試合後の浜田監督。新聞・テレビに大きく取り上げられた前日の1694日ぶりの勝利にチームが浮足立ってしまったというわけだが、はしゃいでいたのは選手だけではない。

 昨年まで東大のコーチとして野球部を指導した元巨人の桑田真澄(47)である。とうとうとこうコメントしていた。

「特別コーチとして2年間、一緒に汗を流した仲間なので、彼らが頑張っている姿は気にかけながら見ていました。この2年間は、以前と比べてロースコアの試合が増え、着実に力をつけていました。非常にうれしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る