G残留菅野が年俸8億円更改 スロースタート&桑田入閣の不吉

公開日: 更新日:

 今オフのメジャー移籍を断念した巨人菅野智之(31)が日本球界最高年俸を更新した。

 14日、契約更改交渉に臨み、1億5000万円増の8億円で更改。2004年のペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を大幅に超えた。

 昨季は史上初の開幕投手からの13連勝をマークするなど14勝2敗、防御率1・97。最多勝、最高勝率のタイトルを獲得し、セ・リーグMVPに輝いたエースは、「夢ある数字。金額に見合った活躍をしなければ」と表情を引き締めた。

 調整も一任される。原監督はこの日、来月のキャンプは一軍本隊ではなく、ベテランが入るS班スタートを明言。メジャー移籍を目指していた菅野は「年末もずっと向こうの球団と交渉したり、予定が見えない中、ほとんど体を動かせていない。例年よりスローペースになる」と見通しを語っていたが、さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る