コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

公開日: 更新日:

 コロナ禍による助っ人の来日可否の問題が球界で波紋を呼んでいる。

 先日の12球団監督会議。楽天の石井監督兼GMは政府が外国人の新規入国を停止したことで、助っ人のチーム合流が球団によって差異が出ることに関し、「フェアな条件ではないと感じる」とガイドラインの作成を求めた。

 さらに「もともといる外国人選手をキープした方がいいという状況は、12月時点では分からない」と言及。新助っ人のキャンプ不参加はやむなしとしても、複数年契約や契約延長により、昨年以前から球団に所属している助っ人の来日も、球団間でバラつきが出ている現状を指摘した。

 実際、中日のビシエド、阪神のチェン、巨人のウィーラーら、すでに来日している助っ人がいる一方で、西武やDeNAは全ての助っ人の来日が未定になっているという。広島のフランスアなど母国でコロナ感染した選手の来日遅れは別問題として、なぜこうした「差」が生じるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る