日ハム西川メジャー挑戦失敗の痛恨…今オフは国内移籍か

公開日: 更新日:

 21日、日本ハム西川遥輝(28)が年俸2億4000万円で契約を更改。4000万円の大幅増となったが、笑顔はなかった。

「人生で味わったことがない挫折というか、情けないというか……。実力のなさとか、いろいろなことを痛感した」

 それもそのはず。昨年末にメジャー挑戦を目指してポスティングシステムを申請したものの、西川が望む契約を提示するメジャー球団がひとつもなかったからだ。

「行けなかったときのことを考えていなかったので、すぐには気持ちの整理ができなかった。アップの評価をしていただいた球団には感謝しかありません」

 “出戻り選手”を年俸アップで迎え入れてくれた日本ハムへの恩義を口にしたが、今季終了後の去就は不透明だ。

「今季中に海外FA権を取得するものの、『実力不足を痛感した』とショックありありの西川は、再度のメジャー挑戦には消極的だと聞きます。球団も複雑でしょう。吉村GMは、『(ポスティング不成立のケースは)考えていない』と言っていた。ポスティングを認めた時点で、西川はいないものだとしてチームの構想を練っていたはず。もともと、若手の成長を促すために、大胆に主力を放出する球団です。2億4000万円という年俸も球団には負担になる。生え抜き11年目を迎える西川はそういう球団の方針、空気を当然理解している。FAで国内他球団に移籍する可能性はあると思う」(球団OB)

 今季終了後にはまた、西川の動向が注目されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る