プロ野球キャンプ“百害あって一利なし”専門家「中断」言及

公開日: 更新日:

「地域にご迷惑をかけるような状況になったときには、キャンプを途中でやめるという判断も考えないといけない」

 25日に開かれた、プロ野球とJリーグが合同で行う新型コロナウイルス対策連絡会議。「私見ですが」と前置きしたうえで、こう言ったのが専門家チームの舘田一博氏(東邦大教授)だ。

 プロ野球は2月1日のキャンプインが間近に迫る。当面、全球団が無観客で行うことが決定。チームは移動前に関係者全員がPCR検査を実施し、キャンプ中も定期的にスクリーニング検査を行うなどの感染対策が確認されたが、3月26日の開幕を予定通りに迎えるため、なんとしてでもキャンプの完走を目指したいプロ野球に、専門家チームの賀来満夫座長(東北医科薬科大特任教授)からも「現地の医療を逼迫させないことが重要」とクギを刺された格好だ。

 当然だろう。11都府県に発令された緊急事態宣言は解除予定の2月7日以降も延長される可能性が現実味を増している。プロ野球のキャンプを受け入れる宮崎県と沖縄県も独自の緊急事態宣言を出す中、球団関係者や報道陣を含めて1チーム100人前後の人間がゾロゾロと乗り込んでくれば当然、感染拡大のリスクは増す。首都圏に比べて医療体制が脆弱な沖縄や宮崎は気が気でない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る